Kachina・Katsina(カチナ・カチーナ) [#Kachina‐05‐Hemis Girl]

Kachina・Katsina(カチナ・カチーナ) [#Kachina‐05‐Hemis Girl]

販売価格: 4,752円(税込)

数量:

カチナ・カチーナ(Kachina・Katsina)

 #ナバホ族:カチナ・カチーナ 5インチ(約13cm) 

Navajo(ナバホ)族:Kachina

 #Kachina-05-Hemis Girl 

価    格
  • ¥4,400+消費税
サ  イ   ズ
  • 高さ:約13cm(台座含む)
  • 幅:約3.2cm
素     材
  • コットンウッド
  • リアルフェザー
  • モール
  • 木綿糸
作     者
  • ----


【Explanation】

英語での名称Hemis Girl
Hopi語での名称----

コーンカチナと呼ばれることもあります。

気品高く幸せに満たされる収穫を導くともいわれています。

収穫の喜びを表すカチナと呼ばれています。


【カチナ・カチーナ(Kachina)】:

カチナの信仰はホピ(Hopi)族から始まったと言われています。

カチナは元来、目に見えない存在でありました。しかし、長らく続いた干ばつや飢饉の為、ホピ(Hopi)人々は苦しみ日々が続いていました

カチナは人々を救済する為、人間的な形に姿を変えてホピ(Hopi)人々の前に現れました。

雨を呼び、食物を育て、祈りの力で病を治癒する手助けをしました。

カチナのお陰でホピ(Hopi)の人々は生き延びる事が出来、喜んだ人々はカチナに感謝し何年もカチナと共に生きてきました。

しかし、時が経ちホピ(Hopi)の人々の生活に堕落が見えてくると人々に儀式の行い方等を教え、正しく儀式が行われた時のみカチナが現れると約束しホピ(Hopi)の村から立ち去って行きました。


【カチナドール】:

カチナとは、『神の世界と現実の世界を取り持つ精霊』

それを形にした物がカチナドールです。

男達はカチナドールを作り、女性や子供達に与え、家族を守る神として崇められます。


カチナにはその役割や形態によりカテゴリーが分けられます。

  • チーフ(リーダー格、重要な役割を持つ) - Aholi, Eototo, Masaw, Ahola, Crow Mother, Chakwaina, Wupamo, Soyal, Grand Mother
  • 警備(儀式を滞り無く行うための観客のコントロールや和を乱す者への罰を与える) - Hilili, Ewiro, Broad Face, Warrior Maiden, Owl, Ahote, Hoote, Whipper, Owango-zrozro
  • ダンサー(最も一般的なグループ) - ong Hair, Bean, Corn, Deer, Antelope, Humming Bird, Eagle
  • ランナー(4月の儀式にのみ登場しホピの男と競争する) - Rattle, Chili, Pot Carrier, Chipmunk, Kokopelli Mana, Red Kilt
  • 道化(儀式を和ませる) - Hano Clown(Koshare), Mocking, Mud Head, Navajo Clown, Hoe


備考&注意

撮影時の照明の具合やお使いのディスプレイの違い等で

実際の商品と若干の相違が生じる場合がございますので、予めご了承下さいますようお願いたします。


実店舗での販売もしております。

稀に時間差でご注文を頂きましても、商品が売り切れの場合もございますのでご了承下さい。

他の写真

Facebookコメント